アクアリウム

熱帯魚を飼いたかったのは小学生の時分だった。

aqua01

当時、故郷にあった旭化成サービスという大型流通店にペットショップがあり熱帯魚が入った水槽が沢山並べてあったので欲しかったのだと思う。社会人になって、ある時、想い出したようにアクアリウムを始めた。

すぐに水草水槽の魅力に取り憑かれてしまい外部フィルター、二酸化炭素ボンベ、照明システムなどに投資する羽目になった。

aqua02

また、当時は水草水槽の情報が乏しく洋書を買い漁って知識を得て専門ショップに通い学名も付いていない南米産の高価な水草や小型美魚を手に入れては枯らしたり殺したりもした。

盆栽のように手を入れるダッチスタイルに凝った事もあったが、今では水換えもしない放置水槽で草ボーボー苔がところどころのジャングル状態である。しかし、水槽の住人達は調子良さそうだ。

アクアリウムの住人:Danio erythromicron

アクアリウムの住人:Danio erythromicron

昔ほどの情熱は無いが、夜遅く帰宅し暗闇の中に点いているグリーンを見ると何だか癒されるのでアクアリウムは止められない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Aquarium, Interior & architecture タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中