サドル交換

Bromptonのサドルを純正から「Brooks Flyer Special S」へ交換した。
純正サドルは、やぐら一体型で柔らくて低反発なクッション性を備えたものだ。

Original saddle of Brompton 2008 model


裏側を見ると…なんと、SELLE SMP社のものだった。

また、サドル位置も1,2cmだったら前後に調整出来そうだ。
意外によいパーツが付けられていて良心的に感じた。
純正サドルと、「Brooks Flyer Special S」(婦人用)の大きさを比較すると、ほぼ同じだった。

Brompton Original Saddle / Brooks B17 Flyer ladys

たぶん、Brooksスタンダードモデルに比べ見た目の大きさの違和感は少ないはずだ。
早速、純正やぐらと、Brooksを取り付けてみた。

それから、サドル自体に高さがあるので、サドルの最大限伸ばせる長さが気持ち1cm程伸びた気がする。因みに、小生は身長176cmだが、純正サドル&シートポスト使用時にポジションを合わせようとするは、最大限シートポストを伸ばして気持ち低い気がしていたが、「Brooks Flyer Special S」でちょうどいい高さになった気がする。

Brompton M8L (RAW) saltmoon Style Phase-3

新サドルの感想は、純正サドルに比べ、サドル自体も硬く、当たり前だが、クッションは高反発だ。10km乗らないうちに尻も痛む…最初から覚悟していた事だが、「Brooks Flyer Special S」は、バネ付とはいえ純正サドルよりも予想以上にだいぶ硬い。また、Brompton特有の座るようなポジションのせいもあるだろう。
暫くの間、尻が痛みそうだが、それでもBromptonとBrooksサドルの組合せは、やはり定番という感じで好きだ。
安価で履きやすいユニクロのジーンズを買えばいいところを、見栄張って高価で窮屈なビンテージジーンズを履くのと、なんだか似ている気がするが、兎に角、やせ我慢だ。
追記(9/25/2008)
サドルのバネが馴染んでくると、ペダリングの度にギシギシ音がします。
自転車の何所かに、ガタが発生しているような音です。
気になる方は、バネ付サドルは敬遠したほうがいいかも。
でも反面、乗り心地が改善され尻の痛みが弱まったような気がします。
尤も通勤で片道10Km/40分位しか連続して乗らないので当てにならないかもしれませんが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Bike Parts & Custom, Brompton, Cycle タグ: パーマリンク

サドル交換 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: その後のサドル | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中