呑川柿の木坂支流緑道

今夜は、Moulton APBで呑川の支流の一つ「呑川柿の木坂支流緑道」の上流駒沢から下流都立大学まで通った記録をUpします。

ルートは、世田谷区駒沢のR246と環7の交差点周辺から東急東横線都立大学駅の約3km

「呑川柿の木坂支流緑道」は、他の「呑川系緑道」と同じく、緑道の両側に一方通行の車道で構築され、世田谷区、目黒区それぞれの区間で公園整備が異なる。路面は、殆どアスファルトでタイル道は無い。


では、上流から出発する。出発点は、R246と環7の交差点周辺

出発点: R246 / 環七 交差点

「呑川柿の木坂支流」の水源は不明だ。住宅地のT字交差路で川跡が分からないくなる。

住宅街の道

そこから、少し進むと、住宅地を通る世田谷区側の緑道公園が見えてくる。

緑道が見えてくる。

世田谷区側の公園整備は、いろいろな樹木を緑道に植え、角石の杭や木のベンチ等でナチュラルな感じだ。

世田谷区側の公園整備の特徴

暫く進むと、「駒沢通り」が緑道を遮る。

駒沢通り

ここを渡ると、目黒区側になる。目黒区側公園整備は…昭和レトロという感じだ。

目黒区側の昭和レトロな公園整備:パンダの遊具

こういうパンダやリス、キリンとか動物の遊具がたくさん置かれているが、今時の子供は誰も遊んでいない。

遺跡みたいな遊具の数々。

呑川緑道の呑川親水公園で子供達が、ザリガニ捕りしていたのとは、対照的だ。子供だって生物が暮らす小川の方が好きに違いない。
目黒区柿の木坂の住宅地から、やがて「目黒通り」にぶつかる。

目黒通り

「目黒通り」の向こう側も入口に小便小僧池があり短い緑道が続く。

小便小僧池

すぐに、「柿の木坂通り」にぶつかり、向こう側も緑道は続いている。

柿の木坂通り沿い

その先で、「呑川緑道」本流と合流する。

終点:東急東横線 都立大学駅前で「呑川緑道」本流と合流

駒沢・三軒茶屋・下北沢方面へポタリングする時の裏道的な使用が出来る緑道だ。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Cycling, 近所の緑道, Pashley Moulton APB タグ: , , , パーマリンク

呑川柿の木坂支流緑道 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 呑川系緑道まとめ | Salty Moon

  2. ピンバック: 再生中? | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中