立会川緑道

今夜は、「立会川緑道」

Bromptonで東京湾に注ぐ立会川跡の緑道と道路を下流(品川区荏原辺り国道1号線)から水源の碑文谷八幡宮(目黒区碑文谷)まで約4km程ポタリングしてみた。

呑川同様に下流まで行ってないので、いずれ下流までサイクリングしてみたいコースだ。

目黒区 みどりの散歩道


国道1号線(第二京浜)から出発
道路の向こう側にも立会川跡の道路が見える。

出発点: 国道1号線(第二京浜)

緑道側は、旗の台に向かって伸びている。

緑道内の自転車乗り入れはNG。押して歩くか隣の道を走る。

途中、緑道を掘り返して工事をしている。何の工事だろうか?

緑道は、東急大井町線「荏原町駅」前で一旦終了する。

荏原町駅付近

東急大井町線の踏切を渡り…

東京急行電鉄大井町線 荏原町駅

線路の向こう側の緑道を進むと、今度は、東急池上線に前を遮られる。

東急池上線

右に反れて、東急池上線の踏切を渡る。

東急池上線の軌道

再び、緑道が復活するが、この区間は車止めがあるので2回位、自転車を担ぐ。

この区間に多い車止め

すぐに、中原街道の昭和大学付近にぶつかる。

中原街道の昭和大学付近

そばの横断歩道を渡り、桜並木の「立会道路」を進む。

立会道路

ゆるやかな登り坂が続く道だ。

住宅地なので公園は、子供がたくさん遊んでいた。

車の交通量が少ないので子供や自転車は比較的安全な道だ。

やがて、旧東急目蒲線の線路跡付近の道で桜並木が終わったと思ったら、懐かしの名車「いすゞピアッア」に出会った。

いすゞピアッア

今見てもジウジアーロのデザインは美しいと思う。

少し進むと、立会道路は終わり、「立会川緑道」が始まる。

立会川緑道 起点

以前レポートした呑川系緑道と同じ、緑道公園の両側を一方通行道路が走っている。
ここも緑道内は、自転車乗り入れ禁止なので車道を走る。
すぐに、直角に緑道が曲がる。

直角曲り角

住宅地の中を桜並木の緑道が続く。

緑道中の桜並木

緑道の公園整備は、呑川で見かけた目黒区特有の昭和レトロではなく、センスがいいナチュラルなものだ。

自然な感じの公園施設

夕方で薄暗くなってきたと思ったら、緑道に照明が灯った。

夕方、緑道に照明が灯ったところ

しばらく、進むと、「立会川緑道」は終わり、目の前に鳥居が…神社の参道に変わる。

碑文谷八幡宮の参道 起点

終点は、「碑文谷八幡宮

終点: 碑文谷八幡宮

ここで川跡を辿れなくなった。

水源らしいものは見当たらないが、この辺りから川は始まっていたようである。
交通量が少ない道なので、品川方面に、自転車で行く時には、使えそうなルートだ。
目黒から中原街道まで桜並木が多いので春の桜の季節にサイクリングするのは、気持ちよさそうな道だと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Brompton, Cycling, 近所の緑道 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中