五十番のホルモン

超ローカルネタ。

故郷 宮崎県延岡市から大量に送られてきた生ホルモン。

五十番のホルモン

親父のお気入り店「五十番」の一品だ。子供の頃、親父から餓鬼には、高級な肉の味は分からん!っと、普通の焼肉店で食わせてもらえず、自宅で、五十番のお持帰り用ホルモンばかり食べさせられていたので、小生はこの味にすっかり飼いならされてしまっている。

親戚が集まった時に、ホットプレートで焼いて付属のタレに漬けて食べてみた。

五十番のホルモン

やはり、この味たまらん!

初めて食べる人も脂が少なく普通の焼肉よりも沢山食べれると好評だった。

ここのホルモンは、店よりも自宅で食べたほうが旨いような気がする。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Gourmet, Life Style タグ: , パーマリンク

五十番のホルモン への2件のフィードバック

  1. こた父 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あれ?延岡の方だったのですね。私は都城で産まれ17歳で単身で上京してきました。何時かモールトンで日南海岸を走ってみたいですねぇそれでは

  2. saltmoon2008 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そういう貴兄も宮崎県民だったのですね。お互い宮崎の北と南の端にある町の出身だったとは、奇遇です。小生も地元の高校卒業して福岡の大学に行き卒業し、上京という流れです。日南海岸いいですねぇ。延岡の五ヶ瀬川沿いの水田が広がる広域農道をサイクリングするのもなかなか楽しいですよ。きれいに舗装されていて、車も殆ど通りません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中