近所にあった故郷との繋がり

桜新町の馬事公苑内を散策していたら、石垣を見つけた。

馬事公苑 石垣

鐘突き堂の土台程度の石垣だが、三大将軍 徳川家光の代に江戸城で使用された石垣を使ったオブジェとの事。


こんな説明がある。

馬事公苑 石垣

なるほど、「た」字の石が組まれていた。

馬事公苑 石垣

江戸時代から、九州のド田舎から江戸に駆り出された同郷人を想像してしまった。少し気の毒だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: 四方山話 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中