CPUクーラー取付やり直し

GPUが熱暴走するので、クーラー取付やり直しなんだが、VAIO Type Lは、その内部構造上、CPU&GPU&チップセットが、全て同じクーラーで冷却している為、全部やり直しの巻。細かい作業は省略するので、下記ログ参照。

VAIO Type-L:CPU交換

ここまでの経緯:

1.ソニータイマー

2.VAIO LypeL HDD交換

3.交換用CPU選定

4.VAIO Type LのCPU交換作業

5.一難去って、また一難…

またしても分解作業…スタンドを外し、背面パネル分解…膨大なネジを緩めていき、裏蓋を剥し…

ファンやシールドを取り外してから、

VAIO Type-L: CPUまわり

VAIO Type-L: CPUまわり

やっと、クーラーを取り外す。めんどくせぇ~

主要プロセッサ

主要プロセッサ

※参照:VAIO LypeL HDD交換 VAIO Type LのCPU交換作業

やはり、メーカー出荷時のシリコングリスが少しこびり付いていた状態で旧い手持ちのシリコングリスを塗ったのがよくなかったようだ。今度は、自転車のパーツ洗浄に使っているパーツクリーナーをティッシュに吹き付けてから、クーラーの裏側、CPU、GPU、チップセットのグリスをよく拭き取る。

パーツクリーナー:

VAIO Type-L:Tools

CPU:

CPU

CPU

GPU:

GPU

GPU

チップセット:

Chip set

Chip set

今度は、銀を多く含んだ高級シリコングリスを塗ってみる。

VAIO Type-L:CPU + グリス

仮組みして、立ち上げてみたが、今度はGPUもそんなに温度は上がらない。
裏蓋やスタンドを取り付けて再組立。

メモ:
VAIO Type Lの裏蓋に使われている+ネジのねじ山は、ヤワで潰れやすいので注意!

蓋を閉めた状態でのGPU温度。

winVista_gadget_cpu&gpu

TVをフルスクリーンで視ていると、GPU温度は80℃前半位になるが、以前見たく100℃は超えないし、20℃位低い温度を保っている。動画もカクカクしないので成功といったところか?

しかし、それにしても温度は高め。自作機の世界では考えられない温度だ。
マザーボードの耐久性も自作機用よりOEM用は高いのだと信じたいが、どうなんだろうか?

改造結果としては、修理するよりも圧倒的に安価なコストでディスク容量を増やし、TVもサクサク動くようになったので、とても満足しているが、元々エアフローの悪いケースに熱の出るパーツを詰め込んだPCなので、埃の多い部屋や夏場は少し心配だ。埃掃除し易いように、もう少し分解し易いといいんだけどね。

※PC改造は、自己責任で!

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Gadget, PC タグ: , , , パーマリンク

CPUクーラー取付やり直し への3件のフィードバック

  1. Thanx より:

    SECRET: 0
    PASS:
    参考になりました!DRAMは、SODIMMみたいですね。

  2. saltmoon2008 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いえいえどういたしまして。このPCは、埃が詰まって内部温度上昇したりするのですが、ホントに分解が面倒です。

  3. ピンバック: VAIO LypeL 分解掃除 | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中