Moulton New Model出杉!

またもや4/10)Dr.Alex MoultonからNewモデル”MDev 90”が発表されたようだ。

Moulton Buzz

一見、New Seriesみたいだけど、下記フィーチャーになっているとの事。

1.Frame of carbon rods clamped to head and seat tubes made from anodized aluminum coloured to the choice of the customer.

2.The frame can be readily assembled by selected dealers in the presence of the customer.

3.The appearance of the Mdev 90 is slim-line.

2項目のディーラーが、自由にカーボンチューブやアルミラグを組合せてフレームを組み立てられるというのは、プラモデル的で面白そうな気がするが、一体いくらになるんだろう?組み合せによっては、再安のMoultonになって欲しいものだ。


このモデルを見て、もしかすると、Moulton Bicycle社は、今後、生産性の低い銀蝋溶接から、外部にも生産委託し易いパーツ組立て方式へ移行し、大幅に合理化したいのかもしれないんじゃないかという気もしてくる。

しかし、進化する事は重要だが、短期間に新モデル出し過ぎではないだろうか?
Dr.AM氏90 th anniversaryちゅう事で、”Project Sixty” “Mdev 90″と立て続けに発表があったが、その前にも20” Super Speedとか新しいモデルを発表している。反面、クロモリのDouble Pylonとか、Speed Sとか、量が捌けなくて生産性の低そうなモデルがどんどんDisconになっている。
単なるDr.AM 90歳記念祭りじゃなくて、会社がAlexMoultonからMoulton Bicycle社に変わった事も影響しているような気もする。

Moulton Bicycle Co.

新会社になってから、外部からの投資が増えたので、その投資元へのリターンを得るべく、New Model連発という状況になっているんじゃないか?と勘ぐると、少し興醒めてしまう。
Moulton Bicycle社は、何処に行こうとしているのだろうか?

Dr.AMも高齢だ。そろそろ引き際を考えているだろう。自分が手掛けた事業の整理を始めたのかもしれない。

なんとなく、ゲームメーカーのnamco創業者だった中村雅哉元社長が退任される時も自身の手掛けた思い入れのある事業(namco本体や外食、映画、テーマパーク等)を一つ一つ他人の手に委ねていった姿とダブるような気がする。

Moulton Bicycle社になってからの変化を考えると、牧歌的だった旧き良きAM社時代のうちに、お城製を手に入れた事は正解だったのかもしれない。
単に、自分が保守的な考えだから、そう思うのかもしれないけどw

>甘いレモンの論理

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Cycle, Moulton off-topic パーマリンク

Moulton New Model出杉! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Dynavector Moulton DV-1 | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中