セイカ食品 パフェ南国白くま

昨年エントリーした白熊なる贅沢なカキ氷は、南九州出身の小生にとって、幼い頃からの夏の風物詩になっている。

日比谷を訪れた際、かごしま遊楽館に、あの懐かしのセイカ製パフェ南国白くまが置いてあったので、思わず相方と自分用に2個買って帰宅した。

セイカ食品「南国白くま」

蓋を開けると、子供の頃からお馴染みのお持ち帰り用白熊の登場である。

セイカ食品「南国白くま」

フルーツ等の具(サクランボ、黄桃、パイン、ミカン、小豆、羊羹)の他、たっぷりと練乳が染み込んでいるので冷たくて甘い。

セイカ食品「南国白くま」

特に最近蒸し暑いので体がいい感じに冷えて気持ちいい!

しかし、カップ版白熊は、味そのものは白熊だが、フルーツの種類やゼリー等の具が少なく、本当のカキ氷の白熊が持っている「おっ、こんなものが入っている!?」と喜ばせてくれる面白さに欠ける。東京で白熊を食せるんだけでも充分贅沢なんだけど、やはり、白熊はカップではなく、デパートの食堂や、たい焼き店等でカキ氷の白熊を注文するのが王道だ。

今年もホンモノのカキ氷の白熊を食したいものだ。

今、故郷の宮崎県は大変な災害に遭っているが、お盆には実家へ帰省するつもりだ。近くの店でぜひ白熊を注文したい。白熊を食べながら子供の頃や、賑やかで発展していた頃の故郷や、家族が若くて元気だった時間をしんみりと思い出すというのもお盆らしい過ごし方だと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Gourmet タグ: , , パーマリンク

セイカ食品 パフェ南国白くま への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ¥79の涼「南国白くま」 | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中