AM-GTの気になる箇所

AM-GTの小ネタ。

AM-GT Mk.II EOS KX4

先日、U字エンドにメッキ加工してもらった時に気づいたのですが。。。

シートチューブのラバーコーンちょい上のリアキャリアのアタッチメント部分に、パイプ1本補強があると、初めて気づきました。

AM-GT Mk.II EOS KX4

それまでもホイールを外すために何度か車体をひっくり返して作業したのですが、ここは気づかなかったポイントでした。たぶん、大きなリアキャリアとか付けると、それだけで取付部に負荷がかかるんでしょうね。

どうでもいい事なんですが、見つけた時に、「おおっ!」と思ったのでエントリーしてみました。

しかし、Moultonをひっくり返してゆっくりみると、トラス・フレームも別の表情が見えておもしろいです。

AM-GT Mk.II EOS KX4

次から、磨くときは、ひっくり返して作業しようかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Alex Moulton GT Mk.II, Cycle タグ: パーマリンク

AM-GTの気になる箇所 への4件のフィードバック

  1. classic-moulton より:

    SECRET: 0
    PASS:
    たしかにEamesと通じる美しさがありますね。イームズと言えば、Powers of Ten というDVDが大好きでよく見てました^^http://www.youtube.com/watch?v=0fKBhvDjuy0

  2. saltmoon2008 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Eamesのエッフェルベースも造りが粗いので、どちらかというと、お城よりPashleyモノのAPBのほうが、似た感じです。Eamesの映像作品は、当時としては斬新なものばかりですよね。きかんしゃトーマスを先取りしたような玩具の世界の映像とか、椅子の製造工程を美しく見せたりとか、何をやっても非凡な才能があった人だと思います。

  3. mouton より:

    SECRET: 0
    PASS:
    下からの画像だったので、理解に時間がかかりました(笑)。ボクのスピードにはないディティールです。GTにはこれがあるんですねー、なんか羨ましいW

  4. saltmoon2008 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >moutonさん、写真を回転させれば、分かりやすかったのかもしれませんが、ひっくり返していた時に気づいたポイントなので、そのままUpしていました。小生のGTは、もともと、Speed Sの分割で発注した後に、U字エンドを追加してフレーム製作してもらって、もはやSpeed SじゃなくてGTだとヘッドパッチを変更させられたという経緯を持つ蛇道中の邪道なんですよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中