ポタ用デジイチについて:なぜ、ニコンかキヤノン?

今夜もカメラネタ。
先日、ポタリング用にコンデジからデジイチ入門機にステップアップしたエントリーについての所感。

高級コンデジGRD2の写りに、全く満足しなかった小生は、他のBlogで使われている素晴らしい描写力の写真達を見て、デジイチを使う事にした。
今後デジイチ・デビューされる訪問者のためにも小生なりに思った事をエントリーしておきます。

AM-GT Mk.II: 呑川緑道の菖蒲 EOS KX4

前回、最終的に画質がよいキヤノンかニコンかで迷って、発売されて間もないキヤノンの入門機にしたのだが、購入後改めて、この2社は凄いと思いました。何が凄いと思ったかは、購入後の層の厚いユーザーサポートです。

故障時のサポートもそうですが、一番感心したのが、ユーザーがデジイチを趣味として楽しめるようかなり充実したスクールが運営されている事です。それもかなり安価な受講料で、購入したデジイチ機種毎の使い方講座まであります。

早速、メカオンチの相方が東銀座(リコーのサービスセンター近所)のEOS学園の使い方講座へ行ったのですが、講師は、若くて可愛い女性プロカメラマンが指導してくれたとの事。小生も行きたかったですw

その他、レベルや目的に応じて様々なコースが用意されていて、なかなか楽しそうです。

もちろん、ニコンも同じように充実した写真教室が用意されています。

カメラを持って、この学校に通うだけでも楽しそうだと思いました。

デジイチを購入後に知った事ですが、兎に角、キヤノン・ニコン2社はデジカメのモノ売りだけでは無く、写真を趣味として楽しんでもらう為のソフトが充実している事を思い知りました。長年カメラを作っているだけあって層が厚いソフト・サービスが当り前のように用意されています。

パナソニックやソニー、サムスン等の家電メーカーが、デジイチ市場に参入し、いくらよい製品を出しても そう簡単には、この2社の牙城を崩すのは、難しいんじゃないかと実感しました。

これは、商品の機能比較だけでは見えない付加価値なので、購入したデジイチを使いこなしてイイ写真撮りたいと思っている初心者には、結構重要なポイントじゃないかなと思います。

小生もいつか東銀座の可愛い女性プロカメラマン講師のクラスに行ってみたいですw

つづく…

にほんブログ村 写真ブログへ

広告
カテゴリー: Camera, Gadget タグ: パーマリンク

ポタ用デジイチについて:なぜ、ニコンかキヤノン? への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ポタ用デジイチについて:マニュアルモードのススメ | Salty Moon

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中