ポタ用デジイチについて:マニュアルモードのススメ

先日、ポタリング用にコンデジからデジイチ入門機にステップアップしたエントリーについての所感。

高級コンデジGRD2の写りに、全く満足しなかった小生は、他のBlogで使われている素晴らしい描写力の写真達を見て、デジイチを使う事にした。

これからデジイチ・デビューされる訪問者のためにも小生なりに思った事をエントリーしておきます。

BSM Phase-3 EOS KX4

いろいろありましたが、生まれて初めてデジイチを手にする事が出来ました。

イマドキのデジイチは、フルオートやシーンセレクトモードでカメラが勝手に必要な設定して撮影出来てしまいます。しかし、そうやって自動的に撮れた写真は、時々おっ!というのもありますが、フツーの写真になってしまう事が多く、面白くもなんともない感じがします。
デジイチのコンデジとの違いの一つは、マニュアルモードで様々な設定が出来る事です。

高級コンデジGRD2もマニュアルモードがありますが、例えば、絞り設定がF2.4 – 9.0と狭いとか、F2.4に開放してもたいして背景がボケないとか、イマイチ使えないと思ってましたが、デジイチだと、一気にF20以上まで絞れます。その他デジイチ入門機でもいろいろ設定して面白い写真を撮ることが出来ます。

マニュアルといっても弄るところは、大した事はありません。全然難しくないです。
せいぜい絞り シャッタースピード ISO感度位が弄れれば、充分おもしろい写真が撮れると思います。

また、外付けストロボ、三脚等の機材が無い場合でも何とかしのげると思います。

フルマニュアルにしなくてもプログラムAEモードや一部機能だけマニュアルの絞り優先AE(A or Av) シャッター優先AE(T or Tv)という便利な機能もあります。

今後、小生なりのポタリングでのデジイチ使用法を紹介していきたいと思います。

でもカメラネタが続いたので、つづきは、またそのうちに。

にほんブログ村 写真ブログへ

広告
カテゴリー: Bridgestone Moulton, Camera, Cycle, Gadget タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中