Eddie BauerのCOOLMAXジーンズ

先日、エディー・バウアーで夏用のジーンズを買った。

(エディー・バウアー) Eddie Bauer ライトウェイトブロークンデニムジーンズ(クールマックス(R)ファブリック使用)

Eddie Bower

※サイズは、アメリカンサイズなので、通販は止めて、店舗に出かけて試着する事をお勧めします。

ジーパン派の小生は、このジーンズを手にした途端、ひんやりとした手触りで思わず買ってしまった。

COOLMAXという繊維素材が使われているので、この夏は快適に過ごせそうだ。

エディー・バウアーといえば、冴えないオッサンブランドというイメージがあるが、2003年破綻し再建し始めてから商品のコストパフォーマンスが急に高くなった感がある。軽くて快適な最先端素材で、オッサンが着て楽な服を作ってくるのだ。おまけに、そんなに高くないし、ユニかぶりしないw

それを改めて感じたのは、3年前位の冬にアウトレットモールでエディー・バウアーショップに入り、ステンカラーコートを買った時の事だ。小生は、社会人になってから仕事着でBURBERRYのステンカラーコートを愛用し続けたのだが、そのエディー・バウアーのコートは、一見コットンみたいな外地だが、実は軽くて蒸れない撥水ナイロンで、裏は、軽くて暖かい薄くダウンのライナーが装備されており、試着しただけで気に入ってしまった。購入以来、冬はBURBERRYのステンカラーコートはクローゼットに入ったままで、エディー・バウアーの軽くて快適なコートを着ている。

普段着も10年来愛用して来たAbercrombie&Fitchから、Eddie Bauerへ服がどんどん変わりつつある。自分もオッサンになった事もあるけど、アバクロの路線も昔から少し変わり始めた事も理由だが、エディー・バウアーは、そんなによい服ではないけど、安価で快適、オッサンが安心して着れる服があるからという気がします。

そのうち小生も飽きるかもしれないが、イマドキのEddie Bauerは、意外にいいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Fashion, Life Style タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中