キモリ・コロッサス試乗記

以前、キモリ自転車についてエントリーした事があったが、近所の自転車屋さんで、Kimori CLOSSUSシリーズの自転車に試乗出来る貴重な機会があったので、モールトンとの乗り心地の違いを確認するため、AM-GTで出かけてきました。

Kimori@Lo-Lo

モールトンユーザーであれば、同じトラスフレームと前後サスペンションを採用した小径車のキモリに関心を持った人も多いのではないだろうか。大きな違いは、ショートホイールベースなので少々寸詰まりな外観である。
試乗させてもらったのは、プロトタイプ2台と、市販タイプの計3台。

Kimori@Lo-Lo

最初に、写真の王滝100kmを完走したプロトタイプを乗った時、前後サスがいい具合にチューンされていて、小径のショートホイールベースとは思えない安定感だった。

Kimori@Lo-Lo

応対いただいた方(MTBライダーの山口孝徳氏?)の話だと、MTBの長距離競技用にチューンされたものなので、兎に角、アメニティを追求されているとの事。

Vブレーキは、王滝みたいな長丁場では、制動する場面が多く、ディスクブレーキに比べ握る負担もかかるので手が痛くなりそうだが、乗り心地は、モールトンよりも細かな凹凸がある路面での突上げや跳ねがほとんど無くて感心しました。

ロードタイプの試作車も細いタイヤながら、同じように快適且つ安定した乗り心地だったものの、市販車はセッティングが出ていなかったので、ショートホイールベースのモールトンそのまんまという感じの乗り心地だったが、いろいろな比較が出来て面白かった。

キモリのサスペンションシステムは、フロントのダブルウィシュボーン+オイル&エア複合ショックアブソーバーと、リアは筒状のエストラマー(BSモールトンのフロントサスと、ほぼ同じ構造)ダンパーと凝った造りになっていて、モールトンよりも細かなセッティングを行う事が出来るので、兎に角、サスペンションのチューニングの幅が大きく、ポテンシャルが高いと感じました。

でもショートホイールベースって、見た目が寸詰まりで…個人的には、好みではないので、試作段階にあった20″のロングホイールベースが出てくると、グラっとなっちゃうかもw

Kimori Proto Type

モールトンの全長は、大体145cm位なんですが、キモリの市販車モデルで125cm位でした。
メーカーさん的には、モールトンの二番煎じ的になるので、あえてショートホイールベースで開発されたのでしょうけど…やはりロングホイールベースのシルエットのほうが見た目がカッコイイと思います。

しかし、試乗してみてポテンシャルが高そうで、キモリも今後の熟成が楽しみな自転車だと思いました。

それから応対いただいた方に、3台とも試乗させてもらって、興味深い話も出来て楽しい時間を過ごす事が出来ました。感謝です。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

—追記—
うーん。Kimori COLOSUSSは面白くて素晴らしいバイクだとは思うのですが、メンテナンスの考え方やコストがキツいですね。

ROLEX社の機械式時計並、別の比較では、AM NSDP以上にかかるメンテナンスコストが2年毎にかかる事を考えると、お城製モールトンのほうがお買い得感があります。

メンテナンス出来る自転車屋さんも今のところ1店舗のみです。
まだ製品をリリースしてからの歴史が短いせいか、耐久性や信頼性にまだ自信が得られていないように感じます。でもメーカーの責任を考えると、こうなるのでしょうか。この分野の自転車って、実は参入障壁高いのですね。

そう考えると、改めてAM博士の時代に開発されたお城製モールトンは長期間のテストと、サスペンション構造上、メンテナンスの手間が少なく素晴らしいと感じてしまいます。

ぜひメンテ交換が減る工夫を今後模索していただきたいですね。

広告
カテゴリー: Cycle, Moulton off-topic タグ: パーマリンク

キモリ・コロッサス試乗記 への5件のフィードバック

  1. mouton より:

    SECRET: 0
    PASS:
    キモリの試乗とは羨ましい。存在感は決してモールトンにも劣りませんね。これで富士に登りたい(笑)。

  2. saltmoon2008 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なかなか面白かったですよ。本当にラッキーでした。実車は、その乗り心地もおもしろかったですが、前部のパイプが細くて仕上げもとても綺麗でした。キモリでヒルクライムというのもおもしろそうです。量産を始めたとの事で、近い将来、販売店によっては、試乗車が用意されるかもしれませんね。

  3. ピンバック: 吉田自転車 | Salty Moon

  4. ピンバック: 第3のトラスフレーム epoVélo | Salty Moon

  5. saltmoon より:

    エントリー内にKimori Colosussに関するメンテナンスコストについてのコメントを追記しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中