カスタマイズとバランス

自転車だけではなく、以前モーターサイクルやクルマのカスタムでも経験した事なのだが、カスタマイズのバランスは難しい。

Moulton_APB

純正パーツで最適化されたノーマル状態のマシンを自分の気に入ったパーツでカスタムしていきヤリ過ぎてしまうと、エクステリアにしてもサスにしても内燃機関や細部に至る部分でバランスが崩れて、カッコ悪くなったり、乗り難くなったり、最悪怪我をしたり危険なものとなってしまう。

カッコよくて乗り易いバランスが取れた状態にカスタマイズすることは実に難しいと思う。理想は同じマシンを2台用意し、1台目を実験用、2台目を本番用と出来ればベストなのだが、カネと時間と場所が無いのでなかなかそういう訳にもいかない。高橋智隆氏のロボットではないが、カスタムマシンも一品料理なのである。

今迄、余計なカスタムをして、かなり手痛い失敗を積み重ねているので、兎に角ヤリ過ぎないように注意している。

例えば、オールドパーツを使いたい気持ちを抑えて小気味よく確実に動く現代のパーツを使う事をモールトンで学んだし、純正パーツでも形が面白いモノ。気持ちよく動くパーツはオーバーホールしてそのままつかうようにしている。それからカスタムし過ぎて出来るだけ重量増にならないように注意している。これはBromptonで失敗し学んだ。

そうやって出来たバイクが、第三者から見てカッコイイものかどうかは分からないが、兎に角、自分にとってストレスなく乗れるカスタマイズをしているつもりである。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Bike Parts & Custom, Cycle, Moulton off-topic, Pashley Moulton APB タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中