Robi所感

RobiがDeAGOSITINE本社があるイタリアでも発売開始したらしい。

たぶんロビだけで何百億円規模のビジネスになっている。
一つの小さな産業と言ってもいいかもしれない。

今迄のオタク的なホビーロボットのビジネス規模ってどのくらいの大きさだったのだろうか。
普通のアーリーアダプタ製品として考えても凄いヒットである。

やはり高橋先生は凄いし、この企画を通した人々のセンスも素晴らしいと思うが、彼らも予想以上の大ヒットいや場外ホームランだったのではないだろうか。

もちろん、高橋智隆氏デザインでなければ小生も買っていませんが、一番の購読動機は、子どもがWEBコマーシャルを見て欲しがったのと、子どもがテクノロジーに少しでも興味を持って欲しかったので高額だったけど購読してみました。こういう大ヒット商品に最初から触れられた事はよかったと思う。

しかし、DeAGOSITINE-Japanはイケてないマグカップ、スリッパとかのオリジナル商品やめてくれないかな。それからロビクルとか便乗創刊も。ロビクルなんて中途半端だし、高橋先生が関与してしないようだしプロダクトの世界観が違うしギャップも大き過ぎる。

高価になってもロビの関連商品は、高橋先生のチェックが入ったものにしてほしい。

また高橋先生デザインの次作ロボがあるなら、DeAGOSITINE以外の会社から発売して欲しい。DeAGOSITINEが嫌いなわけではないが、やはりライバルがいてこそ、もっと良い企画や、もっと沢山の人々が高橋ロボを手にする事が出来るコストを実現出来るだろうから。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Gadget, Robi タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中