Moulton SST 所感

モールトンサミットのエントリーではあまり触れなかったが、TSRの上位モデルとなるパシュレイ生産のモールトンSST

Pashley Moulton SST

Pashley Moulton SST

実は小生はパシュレィモールトンこそ最高に楽めるモールトンかもしれないと思っている。
以前エントリーした事があったが、お城製モールトンは、高価故なかなか思い切ったカスタムというのは踏み出し難く、どれも似たコンポーネンツを使いどこかで見た事のあるようなコンサバなモールトンになってしまいがちだが、パシュレィモールトンはお城製より安価(それでも高いが…)で汎用ロードバイク系コンポーネンツを使って自分仕様の個性的なモールトンを組む事が出来るので楽しいバイクを造れる。そのカスタムベースフレームにより良質なSSTフレームが加わった事は歓迎すべきだろう。

以前のパシュレィモールトンはAPBを含め塗装が傷ついたり、薄くてゆるゆるだったエンド部だったが、その欠点を改良したり、ヘッドバッチがリベット止めになったりで、パシュレイ系モールトンでイケていなかった個所が地味に改良されている。

更にお城製モールトンもまだ採用していないFD台座もスペーサ無しでFD角度が変えられるような機構に改良された。

これからパシュレイモールトンを検討する人は、TSRにドライジーネさんDS SWORDフロントフォーク細パイプのオリジナル・スイングアームに換装する他、初めから改良されているSSTという選択肢が出来たというのは非常におもしろいと思う。欠点といえば、選択出来るカラーが今のところ4色と少ない事だが、今後増やしていって欲しい。

今後SSTフレームを使用した個性的なパシュレィモールトン達が増えてくるのが楽しみである。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Cycle, Moulton off-topic タグ: , , パーマリンク

Moulton SST 所感 への4件のフィードバック

  1. Y より:

    なるほど〜。仰る通りです。お城製をカスタムする際は、気軽に好きな様にとは言えず、何処か気張った仕様になってしまっているかもしれません。個人的にはTSRよりも汎用性が高く、それでいてモールトンらしさをサスなりフレームなりに少なからず維持した、もう少しお値打ちな導入モデルが発売される事を期待します。新たなファン(若い顧客層)を獲得する為にも、もう少しだけ敷居を低くして欲しいと思いますね。

  2. saltmoon より:

    確かに同じ英国製のブロンプトンくらいの価格の完成車があったら、だいぶ敷居が下がると思います。新生モールトン社に頑張って欲しいですね。

  3. minkyu より:

    こんにちは。

    私は韓国のmoulton輸入会社の従業員です。普段のブログ面白く購読しています。いつも良い情報ありがとうございました。

    韓国でもSSTモデルへの関心が高い。だからsaltmoonのブログの写真や文章の内容の一部を共有してもされている気になります。当然源は明らかになりません。

    楽に意見を送ってください。楽しいmoulton生活願います。そして、良い一日を。

  4. saltmoon より:

    minkyuさん、こんにちは。お役に立てそうでしたら引用いただいても構いませんよ。小生も韓国語は読めませんが、英語は分かりますので日本語が大変でしたら英語でレスください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中