Mini 4WD JAPAN CUP 2016


先週、ミニ四駆 ジャパンカップ 2016 開催が発表された。

Ultra Burning Circuit 2016

昨年末からガキンチョとミニ四駆を始めて、はじめてのジャパンカップである。
起伏が激しい面白そうな立体コースだ。小生が考える一番の難所は、ジ・アルプスではなくて、170cmのバーティカルチェンジャーではないだろうか。5コースからのスタートは、ここで脱落が多いのではないかと想像している。

今まで出走させて来た鈍重なブラストアローMAシャーシでは、まともに走れないだろう。
ブラストアローは小生のミニ四駆初号機なので、あまりオリジナルシャーシから変えずに記念に残いておくつもりなので、新たに立体用マシンを組む事にする。

ニューマシンは、ガキンチョのパンダレーサーと小生の夢パーツ実験マシンのベアホークで、いくらか改造ノウハウを蓄積したSuper IIシャーシのノーマルのプラボディを採用する事にした。

mini4wd S2

ウルトラバーニングサーキット2016は、デジタルコーナーやウォッシュボードセクションが無いので、スライドダンパーが無くてもなんとかなりそうである。

制作中のニューシャーシには、ヒクオは採用しない。ペラタイヤも作らずシンプルに組むつもり。
まだミニ四駆歴4ヵ月余のオッサンには、それがベストな改造かわからないし経験値が不足している。
ただパーツひとつひとつを細かく削りながら精度を向上させて組むつもりである。仮でアバンテボディを載せているが、ボディは変更するつもりだ。

まだジャパンカップまで時間があるので丁寧に進めていくつもりだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Gadget, Mini 4WD パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中