Brompton用左ペダルのボルト軽量化

2年位前に買ったTi PARTS WORKSHOP製Brompton用左ペダルのチタンボルトが出てきた。

因みに左の折畳みペダルの固定ボルトはこんな感じで、

デカいボルトが使われている。

このサイズのボルトを緩めるレンチは大きいので、防犯上いいかなと思ったのだが、考えてみると、ブロの純正ペダルを盗む輩など皆無だろうと思い交換作業開始。
純正ボルトと、チタンボルトを比べている。
チタンボルトは金色にコーティングされていてTi PARTS WORKSHOP刻印もあり高価そうなイメージ。

純正ボルトは、49gだった。

Brompton 左ペダルボルト(49g)

チタンボルトは、質量半分以下の22g。
いつもはチタンボルトに変えても1,2gしか変わらないのに、このネジは大きいせいか、27gの軽量化で何気に凄い気がする。

早速、気休めにモリブデングリスをチタンネジに塗り装着。
余談だが、モリブデングリスはタミヤのものがチタンネジを取り付ける時にだけ使う小生は持て余さなくて丁度よいサイズなので気に入っている。

27g軽量化したところで、ブロを持ち上げても全く重さは変わらないように思えるのだが、こういうのはひたすら自己満である。
これでブロ・アフターマーケットパーツベンダが販売しているチタンネジをほぼ採用してしまった。

今後、モノタロウ等から汎用のチタンネジを買って、ブロ・アフターマーケットパーツベンダが提供していない他のネジも気長にチタン化していくつもりです。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Bike Parts & Custom, Brompton, Cycle タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中