Brompton 右純正ペダルの軽量化(その2)

飽きもせずブロのチタンネジ交換を進めている。
今回は前回チタンシャフトに交換した純正右ペダルのネジをチタンネジに変えてみた。

純正右ペダルよりも高価なチタンシャフトを入れたので、やれる事は、とことんやります!
今回、手配したのは、チタン製の皿タップネジ M4x16mm。送料別で4本 ¥300円程度なので、チタンネジにしては安価な部類だ。

純正右ペダルの樹脂製シェルとアルミ板プレートを固定している4本の鉄製タップネジは一本当たり1g。
皿ネジの山が柔らかくて、安ドライバーだと、ネジ山を舐めやすい。

小生の持っている計量計では1g以下が計量できないため、ネジ二本で計測やり直すと、3g。
ネジ一本当たり、1.5g位なのだろうか。四本合計で6gと言ったところだろう。

モノタロウで調達したチタン製ネジは二本で2g。
4本で合計4gなので、ネジのみで2gの軽量化。

チタンネジに交換してみると、こんな感じになりました。
チタンネジはネジ山も硬めで、鉄ネジよりは舐めにくそうでした。

右ペダルシャフトと合わせて、 計27gの軽量化。
あまり意味の無い軽量化ですが、純正右ペダルにこれだけ手をかけた人はいないだろうと思うと、少し達成感は感じます。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Bike Parts & Custom, Brompton, Cycle パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中