Moulton Summit 2018

遅くなりましたが、先週末のモールトンサミットのスナップショットです。
残念ながら、初日の新車発表会には間に合わず、パーティーからJoinさせてもらいましたが、最初に新車紹介。

まず新車発表の目玉 Moulton Flyte。

昔、Dr.AMが試作したYフレームを製品化したもの。

オリジナルよりもフレームが太くなっています。

お値段はフレームキット(ステム含まず)で、38万円との事でした。
少し試乗したところ、BSMと比べてタイヤサイズが20’と違うので、それとも違い安定している感じがしました。
トラスフレームに比べると、しなり感が少ない感じがします。
しかし、前キャリアを取り付けると、水平ではなく、上向きに反っているのが、気になります。
モールトン社は意識的にそうしたとの事ですが、小生は水平にしてくれたほうが好きです。

お次は、XTB。

プロトタイプとだいぶ仕様が変わり、スイングアームは今までに無い独特の形状。
プロトタイプでは前後Vブレーキでしたが、プロダクションモデルは、リアブレーキのみワイヤー式ディスクブレーキ。

以前エントリーした通り、どうせならフロントもディスクブレーキにしてほしかった。前後ディスクブレーキで油圧式だったら買ったかも。

XTBも試乗してきましたが、タイヤ太いと安定した乗り味ですが、タイヤで衝撃が吸収される分、フロントサスが動いている感触がわかり難くなるので、どうしてもモールトンらしさが損なわれると思います。
見た目が気に入った人なら買いですが、モールトンを複数所有されているのであれば、シクロクロスバイクみたく、グラベル等の荒れた道用と割り切って使うモールトンなのでしょう。

それから、吉田カバン製のTSR用リアバッグ。

高級品らしい丁寧な縫製ですが、以前発表されたハンドルバッグ&ディバッグ同様に黒以外の色や何色か用意されると良さげです。

二日目はサイクリングです。

小生はDコース担当させていただき、5名のモールトニアの皆様とサイクリングさせていただきました。

小生もNSDPで計6台参加したのですが、パイロンがなんと4台も集まりました。
こんな光景は、モールトンサミットならではです。
E氏、K氏、O氏のパイロンそれぞれ3様の組まれ方で、よく磨かれており美しかったです。

E氏のキムタクカラーのAPB、ニルギリさんの究極TSRもゆっくり拝見させていただきました。
皆様どのモールトンも手入れが行き届き、個性的なカスタムが施されたものばかりです。
小生も最近修行が足りないと、反省してしまいました。

サイクリング中のスナップショットを何枚かアップロードいたします。

英国大使館前にて

東京駅前にて

日本橋道標前にて

だいぶゆっくりしたので帰着が遅くなりましたが、Dコース参加の皆様お疲れ様でした。

来年のモールトンサミットは、滋賀県開催予定との事ですが、ぜひまた遠征したいです。
またお会いしましょう。

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ

広告
カテゴリー: Cycle, Moulton AM NSDP, Moulton off-topic タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中