Ferrari support trailer

今日は小ネタ。
目黒通りで真紅のトレーラーを見つけた。

ドライバーはインカムつけて、トレーラーの回りをせわしく走りながら、しきりに誰かと連絡を取り合っていた。

ネットで調べてみると、フェラーリ社から特別に許可をもらったトレーラーとの事。
フェラーリを最大5台積載できるみたいなので、コーンズの車両デリバリーなど、フェラーリ関係のイベントで運用されているらしい。

このトレーラーは、外車で路線バスよりもデカい。

昔、ホンダのNSXを新車で買うと、NSXデリバリー専用トレーラーでオーナーの元へ届けられるサービスがあったが、このトレーラーはデカ過ぎて碑文谷や成城等の住宅地の道には入れなそうだ。
おそらく、幹線道路沿いにあるディーラーへのデリバリー用だろう。

WEBサイトから察するに、このトレーラーは運行している運送会社社長の思いもあって誕生したみたいですけど、それにしても独車や他のスーパーカーに比べても運送だけでも金かかってんだろうなぁ。

今日見た流通手段はフェラーリというクルマのコストの氷山の一角で、車両そのモノの価値の他にユーザの見えない部分にもウンと金がかけられているように思える。

なんだか、クルマ好きのためのクルマである以上に、富裕層向けの高級時計やハンドバッグみたいなラグジュアリーブランドアイテムである一面を垣間見た気がした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: 四方山話 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中