ハイレゾ対応ラジカセ

少し前の話になるがT芝から懐かしきAurexブランドの復活とハイレゾ対応ラジカセが発売された。
東芝といば、Aurexオーディオの他にT芝ブランドでもBOMBEATとかデカい高級ラジカセを販売していたので楽しみにしていた。

実物を量販店の展示で見たが、ハッキリ言って音以前にプラッチッキーで質感がイマイチ。
視聴する前にアウト!という感じでした。残念。。。

価格を倍になってもいいから金属パーツや樹脂を使い、昔のBOMBEATみたく、もっと重くてしっかりしたものにしてほしかったです。

BOMBEAT

T芝の家電部門はこれからどうなるのか不透明ですが、H立のLo-Dといい日本の電機メーカーは過去あった自社高級オーディオのブランド資産を大事にしなさすぎに感じます。

唯一、パナさんだけ昔のTechnicsブランドを昔と同じく高級オーディオブランドとして復活させています。

話がそれましたが、ハイレゾでなくても質感のよいラジカセが出てくれば買いたいです。
古いラジカセを入手し自分でコンデンサ等の消耗パーツを取り換えて再生するのも悪くないかなと考えていますが、やはりどこかのメーカーから昔みたいにコレ欲しいと思うラジカセを出してほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告
カテゴリー: Audio & Visual, Gadget パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中